オインクゲームズは新作ボードゲーム『ファフニル』を発売します。よりたくさん手持ちの宝石を捨てることで、産みたての宝石をもらうことができますが、宝石の価値は皆が持っている数で変動します。あえて捨てることで場の雰囲気を操作し、最後に価値ある宝石をたくさん持っていることをめざす、ちょっと頭をつかう手軽な駆け引きゲームです。
ボードゲーム開発を手がける株式会社オインクゲームズは、2019年11月23日、24日に開催される「ゲームマーケット2019秋」で、新作ボードゲーム『ファフニル』を先行発売します。北米・欧州での発売も決定しており、北米では2019年12月の発売予定です。

本作は、『海底探険』や『エセ芸術家ニューヨークへ行く』『小早川』『スタータップス』『藪の中』『死ぬまでにピラミッド』『トロイカ』『マスクメン』『ふくろと金貨』『がんめんマン』などの作者・佐々木隼の最新作です。

ファフニルと名付けられたそのニワトリは、1日に2個ずつ宝石を産む。もっとたくさん産むこともある。ファフニルを受け継いだ兄弟たちは「よりたくさん手持ちの宝石を捨てた者」がその日、産みたての宝石を手にすることにした。』(箱裏より)

そんな一風変わったストーリーではじまる本作は、ちょっと頭を使う手軽な駆け引きゲームです。

毎ラウンド中央に、石が2個置かれます。プレイヤーは自分の持っている石の中から捨てたい石を握り込み、よりたくさん握り込んでいたプレイヤーが、握っていた石を捨て場に捨て、ファフニルの上の石を受け取ります。

宝石の価値は皆が持っている数で変動します。いかにマイナスになる石を持たず、プラスになる石を持っているかが重要です。捨て場にたまっていく石の色や、全員が握り込んでいた石の色から、どの色の価値が高くなるのかを予想しましょう…!

非常に早いテンポでサクサクと進んでいくゲームですが、1回1回の握り込みに濃密な駆け引きがあります。しかも、自由度が高く、発想しだいで皆をあっと言わせるような手を打ったり、場に出てくる石の運に一喜一憂したりと、何度も遊びたくなる作品になっています。

ゲームマーケットの会場では試遊していただくこともでき、特別価格の2,000円で購入可能です。ぜひブースで実際に手にとってみてください。オインクゲームズのブースは【エリア41】です。

オインクゲームズは今後もデジタル/アナログなどのメディアにとらわれず、人々の日常生活をより楽しく豊かにするゲーム作品を提供してまいります。
 

【商品概要】
◆商品名: ファフニル
◆価格: ゲームマーケット特別価格2,000円
◆対象年齢: 9歳以上
◆プレイ時間: 約20分
◆プレイ人数: 2~4人
◆内容物: 木製宝石コマ 80個 / 布袋 1枚 / ついたて 4枚 / ファフニルボード 1枚 / 金チップ 45枚 / 捨て場ボード 1枚 / 遊び方説明書(日本語・英語)
◆ゲームデザイン:Jun Sasaki
◆紹介ページURL: https://news.oinkgms.com/post/188856561473/fafnir

【ゲームマーケット2019秋概要】
名称:ゲームマーケット2019秋
開催日時:2019年11月23日(土)・24日(日) 10時~17時
会場:東京ビッグサイト(青海展示棟) A,Bホール
会場所在地:東京都江東区青海1-2-33
入場料:1000円
URL: http://gamemarket.jp/access/

【会社概要】
社名 : 株式会社オインクゲームズ
所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山5-4-51-701
設立 : 2010年5月26日
代表者: 代表取締役 佐々木隼(ササキ ジュン)
URL: https://oinkgms.com/

【お問い合わせ先】
株式会社オインクゲームズ
担当:稲垣
shop@oinkgms.com
Facebookページ: facebook.com/oinkgames
Twitter: @oinkgms
Instagram: @oinkgms